ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 円空作木造観音菩薩坐像

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

円空作木造観音菩薩坐像

県重宝(彫刻)

円空作木造観音菩薩坐像

  • 円空作木造観音菩薩坐像
    写真提供 青森市教育委員会
指定区分 県重宝
名称及び員数 えんくうさくもくぞうかんのんぼさつざぞう
円空作木造観音菩薩坐像  1躯
所在地 青森市浪岡北中野字天王21-2
所有者 西光院
指定年月日 平成2年8月3日
公開状況 非公開

時期<江戸時代前期>
 津軽地方の円空仏としては、比較的最近知られるようになった存在である。もともと西光院の檀家の元にあったもので、その当時仏壇に納めるため当初の台座部分を削り落としている。そのため、通常の円空の観音菩薩坐像に比べてバランスの悪い姿に見えている。また、傷んでいる部分もあり、表面には塗料が塗られてしまっていて制作当初の面貌を損ねている点は惜しまれるが、作風は津軽半島沿いの観音菩薩坐像とほぼ似通っている。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度