ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 十一面観音像

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

十一面観音像

県重宝(彫刻)

十一面観音像

  • 十一面観音像
    写真提供 弘前市教育委員会
指定区分 県重宝
名称及び員数 じゅういちめんかんのんぞう
十一面観音像  1躯
所在地 弘前市新寺町110
所有者 西福寺
指定年月日 昭和37年6月29日
公開状況 公開(事前申し込み必要)
問合せ先 弘前市教育委員会文化財課
 TEL0172-82-1642

時期<江戸時代前期 寛文7年(1667)ころ>
 右手を垂れ、胸前まで上げた左手に水瓶を持つ円空の十一面観音立像通有の形式を示す。この形式は田舎館村所有像から佐井村長福寺像、そして北海道桧山上ノ国町観音堂像、熊石町根崎神社像と展開し、この西福寺像につながるように思われる。
 その後、秋田県内の能代龍泉寺像から東北における最優作たる男鹿赤神神社像に結実する。全体のバランスや充実した肉体把握、温和で張りがある面貌表現などがそうした位置付けをうなずかせる。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度