ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 陸奥国津軽郡之絵図(正保国絵図写)

更新日付:2011年11月1日 文化財保護課

陸奥国津軽郡之絵図(正保国絵図写)

県重宝(歴史資料)

陸奥国津軽郡之絵図(正保国絵図写)

  • 陸奥国津軽郡之絵図(正保国絵図写)
    青森県立郷土館蔵
指定区分 県重宝
名称 むつのくにつがるぐんのえず(しょうほうくにえずうつし)
陸奥国津軽郡之絵図(正保国絵図写) 1鋪
所在地 青森市本町2-8-14
(青森県立郷土館)
所有者 青森県
指定年月日 平成23年4月6日
公開状況 非公開
問合せ先 青森県立郷土館
 TEL017-777-1585

時期 <江戸時代中期>
 江戸幕府による国絵図徴収事業は、大きく、慶長・正保・元禄・天保の4度行われた。ただし、慶長期は、西日本諸国の大名のみが対象とされたようである。
 この国絵図は、弘前藩が正保2年(1645)に幕府に提出した正本(清絵図)と副本の写しである。正保国絵図は、正本・副本とも明暦の大火(1657)等で消失し、現存していない。弘前藩では貞享2年(1685)に幕府に提出した正保国絵図の控から写しを作成した。それがこの絵図である。
 弘前藩が公的に作成した国絵図としては、現存する最古のものであり、津軽領全体を描いた絵図としても、最古級のものと考えられる。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、青森県立郷土館へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度