ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 人物線刻石冠(近野遺跡出土)

更新日付:2013年4月19日 文化財保護課

人物線刻石冠(近野遺跡出土)

県重宝(考古資料)

人物線刻石冠(近野遺跡出土)

  • 鹿角製櫛(二ツ森貝塚出土)
    写真提供 青森県教育委員会
指定区分 県重宝
名称及び員数 じんぶつせんこくせっかん(ちかのいせきしゅつど)
人物線刻石冠(近野遺跡出土) 1点
所在地 青森市大字新城字天田内152の15(青森県埋蔵文化財調査センター)
所有者 青森県
指定年月日 平成25年4月17日
公開状況 公開(無料、事前に申し込み必要)
問合せ先 青森県埋蔵文化財調査センター
TEL017- 788-5701

時期<縄文時代後期>
近野遺跡(青森市安田字近野)出土

 近野遺跡は、沖館川南岸の標高10~20mほどの段丘上にあり、特別史跡三内丸山遺跡の南東部に隣接している。平成15年8月に、県立美術館及び県道建設事業に先だって、青森県埋蔵文化財調査センターが発掘調査を行った際に、捨て場から出土した。その後、平成18年7月になってあらためて発掘調査報告書作成に向けて行っていた水洗い作業中に、人物線刻が確認された。
 石器に描かれた人物画としては、全国的にもきわめて希有な出土例であり、当時の精神文化を知るうえで貴重な資料である。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、青森県埋蔵文化財調査センターへお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度