ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 亀ヶ岡式壷形羽状縄文土器

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

亀ヶ岡式壷形羽状縄文土器

県重宝(考古資料)

亀ヶ岡式壷形羽状縄文土器

指定区分 県重宝
名称及び員数 かめがおかしきつぼがたうじょうじょうもんどき
亀ヶ岡式壷形羽状縄文土器  1個
所在地 青森市浪岡字細田
(青森県立郷土館展示
 青森市本町2-8-14)
所有者 個人
指定年月日 昭和31年5月14日
公開状況 公開(有料)
問合せ先 青森県立郷土館
 TEL017-777-1585

時期<縄文時代晩期>
つがる市木造亀ヶ岡出土

 小型の壷形土器で口縁の一部を欠いている。口頚部は無文で研磨され、体部は斜縄文を交互に6段施し、羽状縄文が形作られている。
 いわゆる、亀ヶ岡式土器に属する完形品であり、その形が優れているばかりでなく、胴部に施した羽状縄文も精巧を極め、美しく磨かれた頚部と調和している。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、青森県立郷土館へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度