ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 細隆起線文尖底深鉢形土器

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

細隆起線文尖底深鉢形土器

県重宝(考古資料)

細隆起線文尖底深鉢形土器

指定区分 県重宝
名称及び員数 さいりゅうきせんもんせんていふかばちがたどき
細隆起線文尖底深鉢形土器  1点
所在地 青森市新城字天田内152-15
(青森県埋蔵文化財調査センター)
青森県立郷土館展示
(青森市本町2-8-14)
所有者 青森県
指定年月日 平成15年4月14日
公開状況 公開(有料)
問合せ先 青森県立郷土館
TEL017-777-1585

時期<縄文時代草創期>
上北郡六ヶ所村鷹架字発茶沢出土

 この土器は縄文時代草創期のなかでも古い段階に属し、少なくとも10,000年前をはるかに超えるものであると考えられる。現在、草創期の遺物は全国各地で発掘されているが、他の時期に比べてきわめて少なく、本県では十指に達しない状況である。
 本県の歴史を顧みると、旧石器時代から縄文時代へと移行するものとして、蟹田町の大平山元I遺跡出土の無文土器群があり、国内最古の土器として注目されているが、表館(1)遺跡の細隆起線文尖底深鉢形土器はそれに次ぐものであり、完全な形に復元された優美な姿は縄文時代を代表する土器として各種の図録に掲載利用されており、県民の財産として県重宝に充分値する。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、青森県立郷土館へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度