ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 漆塗壷形土器

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

漆塗壷形土器

県重宝(考古資料)

漆塗壷形土器

  • 漆塗壷形土器
    写真提供 青森県立郷土館
指定区分 県重宝
名称及び員数 うるしぬりつぼがたどき
漆塗壷形土器  1個
所在地 青森市本町2丁目8-14
(青森県立郷土館)
所有者 青森県
指定年月日 昭和37年3月13日
公開状況 公開(有料)
問合せ先 青森県立郷土館
TEL017-777-1585

時期<縄文時代晩期>
 つがる市木造亀ケ岡出土

 均整のとれた壷形土器で、器体外面と口縁の内面に丹漆が塗られている。ロ縁部に4個の小突起があり、その突起に連なる浮彫り装飾が見られる。底に4個の小突起が付けられ、脚の役目を果たしている。
 亀ヶ岡遺跡出土品のうち、四脚付壷型土器は珍しく、同型の漆塗土器の代表的な優品である。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、青森県立郷土館へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度