ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 縄文式尖底土器

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

縄文式尖底土器

県重宝(考古資料)

縄文式尖底土器

  • 縄文式尖底土器
    写真提供 青森県立郷土館
指定区分 県重宝
名称及び員数 じょうもんしきせんていどき
縄文式尖底土器  1個
所在地 三戸郡南部町下名久井字下諏訪平1
(青森県立郷土館展示
 青森市本町2丁目8-14)
所有者 県立名久井農業高校
指定年月日 昭和31年5月14日
公開状況 公開(有料)
問合せ先 青森県立郷土館
 TEL017-777-1585

時期<縄文時代早期>
 三戸郡南部町森越字館野出土

 口縁から底部にかけ2か所に段を有し、口頚部に横長の透かしをもつ。器面には横走の貝殻条痕と、ロ頚部には2ないし3段の刺突文が施されている。東北北部において、南関東の早期後半に位置づけられる茅山式土器の影響を強く受けた珍しい土器で ある。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、青森県立郷土館へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度