ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 石棒

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

石棒

県重宝(考古資料)

石棒

  • 石棒
    写真提供 青森市教育委員会
指定区分 県重宝
名称及び員数 せきぼう
石棒  1個
所在地 青森市合浦
所有者 個人
指定年月日 昭和30年1月7日
公開状況 非公開
問合せ先 青森市教育委員会文化財課
 TEL017-718-1392

時期<縄文時代中期ないし後期>
弘前市南溜池畔出土

 文政10年(1827年)、弘前城下南溜池のほとりから出土し、時の藩主に献納され、次いで柿崎朝次郎の所有となり、代々引き継いで現在にいたる。
 両端に膨隆部を有し、両端から棒の中央部に向かって太さを増す。全面が研磨された優品である。
 また、出土の来歴も珍しいものである。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度