ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 唐草南部鶴紋蒔絵漆器

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

唐草南部鶴紋蒔絵漆器

県重宝(工芸品)

唐草南部鶴紋蒔絵漆器

指定区分 県重宝
名称及び員数 からくさなんぶつるもんまきえしっき
唐草南部鶴紋蒔絵漆器  12点
所在地 八戸市根城東構35-1
(八戸市博物館)
八戸市吹上
所有者 八戸市、個人
指定年月日 平成18年4月19日
公開状況 公開(有料)、個人所有は非公開
問合せ先 八戸市博物館
 TEL0178-44-8111

時期<江戸時代後期>
 唐草南部鶴紋蒔絵漆器は、八戸藩8代藩主南部信真の8女鶴が、鹿児島藩島津家より婿養子を迎えた時に、婚礼調度品として整えた道具類一式の中の漆器である。
 黒呂色塗の地に、薄肉高蒔絵で唐草模様と南部鶴の家紋が施されている。

 内訳
 (1) 唐草南部鶴紋蒔絵渡金箱
 (2) 唐草南部鶴紋蒔絵楾
 (3) 唐草南部鶴紋蒔絵御歯黒箱
 (4) 唐草南部鶴紋蒔絵十二手箱
 (5) 唐草南部鶴紋蒔絵眉作箱
 (6) 唐草南部鶴紋蒔絵大角赤手箱
 (7) 唐草南部鶴紋蒔絵小角赤手箱
 (8) 唐草南部鶴紋蒔絵御払箱
 (9) 唐草南部鶴紋蒔絵香道具一式
 (10)唐草南部鶴紋蒔絵書棚
 (11)唐草南部鶴紋蒔絵色紙箱
 (12)唐草南部鶴紋蒔絵廣蓋

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度