ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 旧岩田家住宅

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

旧岩田家住宅

県重宝(建造物)

旧岩田家住宅

  • 旧岩田家住宅
    写真提供 弘前市教育委員会
指定区分 県重宝
名称 きゅういわたけじゅうたく
旧岩田家住宅 1棟
所在地 弘前市若党町31
所有者 弘前市
指定年月日 昭和60年4月27日
公開状況 公開(休館日;7月~10月は毎週月・木曜日、
11月~3月は毎週月~金曜日、8/13、年末年始)
問合せ先 弘前市教育委員会文化財課
 TEL0172-82-1642

時期 〈江戸時代後期 寛政10年 (1798) から文化5年 (1808)〉
 旧岩田家住宅は、「弘前市仲町伝統的建造物群保存地区」の東端に位置する旧武家住宅である。
 敷地約700m2、間口16.25m、奥行43.0m、平面積131m2、茅葺屋根である。
 建築後約190年を経過しているが、主要部分は当所のままである。畳敷きは5部屋、ほかに玄関、台所、つきにわ、三方に縁が廻っている。
 岩田家は200石~500石の中流武士だが、質素な生活ぶりがうかがわれる。10代目平吉は、箱館戦争の津軽部隊参謀を務めている。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度