ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 円明寺本堂

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

円明寺本堂

県重宝(建造物)

円明寺本堂

指定区分 県重宝
名称 えんみょうじほんどう
円明寺本堂 1棟
所在地 弘前市新寺町62
所有者 円明寺
指定年月日 平成6年4月25日
公開状況 公開
問合せ先 弘前市教育委員会文化財課
 TEL0172-82-1642

時期 〈江戸時代後期 明和元年(1764)〉
 明応8年(1499)に現在の青森市油川に創立され、その後、弘前へ移ってきたものである。新寺町で一度焼失し、仮本堂として再建されたものが現本堂であると伝えている。また、内外陣境の欄間裏には「・・天保2年 (1831)8月」として須弥壇や欄間を寄進したことが記されている。
 県内に現存する浄土真宗の本堂建築としては最古のものであり、構造形式や細部の様式、意匠にも優れたものがあり、県内の近世本堂建築のなかでもとりわけ貴重な建造物である。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度