ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 阿弥陀如来像

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

阿弥陀如来像

県重宝(絵画)

阿弥陀如来像

指定区分 県重宝
名称及び員数 あみだにょらいぞう
阿弥陀如来像  1幅
所在地 西津軽郡鰺ヶ沢町釣町16-1
所有者 来生寺
指定年月日 昭和38年4月10日
公開状況 非公開

時期<室町時代>
 絹本著色で、上下の文様もすべて描表装であらわした画像。立像の阿弥陀如来が来迎の印相を結んでおり、背後には阿弥陀仏の四十八願を象徴する48本の光線があらわされている。
 浄土真宗ではこの形式を「方便法身尊影」と呼び、南北朝時代から室町時代にかけて大いに流行した。本画像は覚如筆の伝承を持つが、表現様式から室町時代の制作と判断される。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度