ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 世界地図屏風

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

世界地図屏風

県重宝(絵画)

世界地図屏風

指定区分 県重宝
名称及び員数 せかいちずびょうぶ
世界地図屏風  1隻
所在地 青森市本町
所有者 個人
指定年月日 昭和33年1月22日
公開状況 非公開

時期<江戸時代初期>
 世界地図を極彩色で六曲屏風に収めたものである。徳川時代の初頭にいわゆる南蛮人が将来した地図を原本として制作したもので、描写は精緻で布彩もすばらしい。所伝によると、徳川家康が当時三浦按針のもたらした世界地図を屏風に仕立て、居城を飾ったのが始まりといわれる。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度