ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 青森県三内丸山遺跡出土品

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

青森県三内丸山遺跡出土品

重要文化財(考古資料)

青森県三内丸山遺跡出土品

  • 青森県三内丸山遺跡出土品
指定区分 重要文化財
名称及び員数 あおもりけんさんないまるやまいせきしゅつどひん
青森県三内丸山遺跡出土品  1958点
所在地 青森市本町2-8-14
(青森県立郷土館)
所有者 青森県
指定年月日 平成15年5月29日
公開状況 公開(有料)
問合せ先 青森県立郷土館
 TEL017-761-1585

時期 〈縄文時代前期中葉~中期末葉〉
 青森市三内字丸山出土

 三内丸山遺跡は平成4~6年に実施された県総合運動公園拡張事業に伴う発掘調査によって、縄文時代前期中葉から中期末葉(約5500~4000年前)にわたる大規模な集落跡であることが判明し、平成9年に国史跡、平成12年に国特別史跡となった。また、出土した多量の遺物は各時期の多彩な内容で構成されている。
 本件は、この調査によって出土した遺物のうち、平成4・5年に調査した台地縁辺部に位置する第6鉄塔地点と旧野球場建設予定地内の住居跡群からの出土品である。第6鉄塔地点では縄文時代前期中葉の低湿地から、土器・石器などに加え骨角器・編物・木製品などの有機質の遺物が出土し、当時の生活・自然環境を解明する貴重な資料となった。特に釣針等の縄文時代の骨角器は遺存状態が極めて良好で質・量ともに充実している。また、縄文ポシェットに代表される編物は、類例が少なく当時の編組技術を示す良好な資料である。その他、竪穴住居出土の大型板状土偶や土器・石器等がある。
 以上、本件は縄文時代前期中葉から中期末葉までの各時期の出土遺物であり、縄文時代の生活を知るうえで欠かせない資料である。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、青森県立郷土館へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度