ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 青森県宇鉄遺跡出土品

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

青森県宇鉄遺跡出土品

重要文化財(考古資料)

青森県宇鉄遺跡出土品

  • 青森県宇鉄遺跡出土品
    写真提供 青森県立郷土館
指定区分 重要文化財
名称及び員数 あおもりけんうてついせきしゅつどひん
青森県宇鉄遺跡出土品  559箇
所在地 青森市本町2-8-14
(青森県立郷土館)
所有者 青森県
指定年月日 平成3年6月21日
公開状況 公開(有料)
問合せ先 青森県立郷土館
 TEL017-777-1585

時期 〈弥生時代中期〉
 東津軽郡外ヶ浜町三厩下平出土

重要文化財の指定遺物は、土器類33点、石器類160点、玉類366点の計559点である。
宇鉄遺跡は、津軽海峡に面した海岸段丘上の突端近くに所在し墳墓を主体とした遺跡である。隣接して縄文時代中期~晩期の遺物包蔵地と、沢を隔てた西の台地に縄文時代前期~後期の中ノ平遺跡がある。出土遺物の中で特徴的なものは364個の碧玉製管玉であろう。また、出土土器には北海道の続縄文時代に属する恵山式土器との関連を有するものもある。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、青森県立郷土館へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度