ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 太刀 銘友成作

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

太刀 銘友成作

重要文化財(工芸品)

太刀 銘友成作

  • 太刀 銘友成作
指定区分 重要文化財
名称及び員数 たち めいともなりさく
太刀 銘友成作  1口
所在地 弘前市高岡字神馬野87
(高照神社宝物殿)
所有者 高照神社
指定年月日 大正14年4月24日
公開状況 7月~8月公開(有料、火曜定休)
問合せ先 弘前市教育委員会文化財課
 TEL0172-82-1642

時期 〈平安時代末期~鎌倉時代初期〉
 友成は、平安時代末期から鎌倉時代初期に栄えた古備前の名工であり、永延(987から)の頃から嘉禎(1238まで)にかけて数名が名を継いだと考えられている。
 この「友成」は、腰の辺で強く反った腰反りで、元幅が広く先の幅が細くなる「腰元に踏張りがある」安定した力強い姿の古備前の特長をよく表し、鍛は、材木の板目のような細かな「小板目」が美しい。
 伝来によれば、津軽為信が太閤秀吉から賜わり、12代藩主承昭が寄進したとする。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度