ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 弘前学院外人宣教師館

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

弘前学院外人宣教師館

重要文化財(建造物)

弘前学院外人宣教師館

  • 弘前学院外人宣教師館
    写真提供 弘前市教育委員会
指定区分 重要文化財
名称及び員数 ひろさきがくいんがいじんせんきょうしかん
弘前学院外人宣教師館  1棟
所在地 弘前市稔町13-1
所有者 弘前学院
指定年月日 昭和53年1月21日
公開状況 公開(事前に申込み必要)
問合わせ先 弘前市教育委員会
 TEL0172-82-1642

時期 〈明治39年(1906)〉
 明治39年(1906)弘前学院に派遣されるメソジスト派の婦人宣教師の宿舎として建築されたものであり、総2階建て、建坪は163.6m2である。
 南西隅の突針飾りを付けた八角錘の尖塔と外壁板を淡黄色、柱や土台をワインレッドという配色や、半円形欄間の窓などの外観は強く「洋館」のイメージを地域の人々に与えたものであった。
 1階が食堂、集会室、書斎、2階が寝室である。上品で繊細な女性を意識した造りである。建築にあたったクリスチャン棟梁・桜庭駒五郎は、明治5年(1871)弘前市和徳の生まれという。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度