ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 旧笠石家住宅

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

旧笠石家住宅

重要文化財(建造物)

旧笠石家住宅

  • 旧笠石家住宅
    写真提供 十和田市教育委員会
指定区分 重要文化財
名称及び員数 きゅうかさいしけじゅうたく
旧笠石家住宅  1棟
所在地 十和田市奥瀬字栃久保80
所有者 十和田市
指定年月日 昭和48年2月23日
公開状況 公開
問合わせ先 十和田市教育委員会
 TEL0176-72-2313

時期 〈江戸時代後期 18世紀半ばころ〉
 この住宅は18世紀半ばころに建ったものとされ、上北地方に残る広間型板壁の住居として見ることができる。
 間口9間半・奥行5間半の住居は、この地方の農家として大きいものといえるが、なかでも、北側の「まや」が全体の3分の1を占めるのが目立ち、馬産が重要視されたものといえよう。また、「まや」の梁組が居住部分とは異なっており、「まや」が別棟であった時期の痕跡を残すものと見られ、南部曲屋の成立の一端を覗かせている。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度