ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 徳川家康自筆日課念仏

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

徳川家康自筆日課念仏

重要美術品(認定)

徳川家康自筆日課念仏

  • 徳川家康自筆日課念仏
    写真提供 八戸市教育委員会
指定区分 重要美術品(認定)
名称及び員数 とくがわいえやすじひつにっかねんぶつ
徳川家康自筆日課念仏 1巻
所在地 八戸市新荒町
所有者 個人
認定年月日 昭和8年12月14日
公開状況 公開(有料)
青森県立郷土館展示
(青森市本町2-8-14)
問合せ先 八戸市教育委員会 社会教育課 
TEL0178-43-9465

時期 〈桃山時代〉
 巻末に添えた「東照公親筆陣中日課念仏百万遍一巻」とある由来書によれば、明治38年(1905)春、その筆者である八戸市光龍寺住職石川未逢が上京し、東京在住松岡操氏に請い、その所蔵する日課念仏を割愛されて帰り、これを数葉に分割し信者に配与したものである。そのうち鈴木一史・下斗米栄三・山本勝次郎の三点が認定された。
 徳川家康が晩年に「南無阿弥陀仏」の名号を日課として書きつらねたものである。縦6段に名号を書きつらねている念仏の末行には「慶長十七子八月晦日家康」とある。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度