ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 令和元年度「あおもり案内人・養成講座」開催のお知らせ

更新日付:2020年1月22日 文化財保護課

令和元年度「あおもり案内人・養成講座」開催のお知らせ

令和元年度「あおもり案内人・養成講座」開催のお知らせ

あおもり案内人・養成講座チラシ
 「三内丸山遺跡と青森県の伝統文化を活用した地域活性化プロジェクト実行委員会」では、三内丸山遺跡のガイドや、青森県への来訪者を案内するイベントの場など、それぞれの活動の場で青森の魅力を発信する、「あおもり案内人」を養成することを目的に、青森県の歴史や伝統、文化などについて、各分野における講師を招き、連続型の講座(全4回)を開催します。
 遺跡や文化財等のガイド経験のある方、歴史や文化に興味のある方はぜひご参加ください。
日程・テーマ:
 ・令和2年1月25日 第1回「観光・インバウンド」
 ・令和2年2月 2日  第2回「観光・青函圏域の歴史」
 ・令和2年2月 8日 第3回「観光・ガイドの魅力」
 ・令和2年2月16日 第4回「地域活性化」
会場:
 第1回 青森観光物産館アスパム5階「白鳥」(青森市安方1-1-40)
 第2回・第3回 アピオあおもり2階大研修室(青森市中央3-17-1)
 第4回 ラ・プラス青い森2階「メープル」(青森市中央1-11-18)

※第1回~第3回:定員50名
※第4回:定員100名
【お申し込み・お問合せ】サンブラッソ・エイティーブイ  TEL017-762-7010

各回の内容


◆第1回「観光・インバウンド」
[青森観光の今、何を求められているのか]
青森県の観光業は今、どんな状況にあるのか。どんな取り組みがなされているのか。
日本全国に選択肢がある中で青森を選んでもらうための要素は何か。
海外にも足を運び、最前線で誘客に力を注いできた実践者にお話しをうかがいます。
[日時]1月25日(土)午後2時~3時30分
[会場]青森県観光物産館アスパム5階「白鳥」
[講師]杉澤 廉晴(株式会社杉澤興業代表取締役社長)

◆第2回「観光・青函圏域の歴史」
[津軽海峡を挟んだ地域の歴史を再発見!]
津軽海峡を挟み、道南地域と津軽・下北地方は、古くからそれぞれに影響を受けながら、
独自の文化を育んできました。
両地域にまつわるヒト・モノ・コトをはじめ、港町としての楽しみ方を、歴史的な視点から
探ってみましょう。
[日時]2月2日(日)午後2時~3時30分
[会場]アピオあおもり2階「大研修室(1)」
[講師]工藤 大輔(青森市民図書館歴史資料室室長)

◆第3回「観光・ガイドの魅力」
[地域資源を活かしたリソースづくり!]
観光地域とは言えなかった岩手県北を、NHK「あまちゃん」のブームに乗り、
地域住民を巻き込みながら、感動のおもてなしリソースとして仕上げる。
あの、東日本大震災・・・。浜に笑顔が戻ることを願う地域のリーダーにその
心意気を聞く。
[日時]2月8日(土)午後2時~3時30分
[会場]アピオあおもり2階「大研修室(1)」
[講師]貫牛 利一(久慈広域観光協議会専務理事)

◆第4回「地域活性化」
[腹の底から、ふるさと自慢! 青森vs函館]
「津軽海峡周遊」という立体的な旅のカタチが見え始めた、道南地域と青森県。
その旅のモチベーションは、絶景、食、温泉、文化など多岐に渡ります。
そこで、両地域の情報発信源として活躍するゲストをお招きし、思う存分ふるさと
自慢を語る機会を設け、まだ知らないディープな世界を開拓しましょう。
[日時]2月16日(日)午後2時~4時
[会場]ラ・プラス青い森2階「メープル」
[講師]山内 史子(紀行作家)
田村 昌弘(プランナー・函館西武地区バル街実行委員)
三津谷 あゆみ(プランナー・津軽海峡マグロ女子会)


主催:三内丸山遺跡と青森県の伝統文化を活用した地域活性化プロジェクト実行委員会

(構成)青森県、青森県教育委員会、青森県文化財保護審議会、NPO法人三内丸山縄文発信の会、一般社団法人三内丸山応援隊、「青森県の縄文遺跡群」世界遺産をめざす会、三内丸山文化観光拠点づくり支援協議会、青森県歴史文化継承活用委員会、一般社団法人青森県建築士会

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課・文化財グループ
電話:017-734-9920  FAX:017-734-8280

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度