ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 青森県史 > 青森県史叢書「小川原湖周辺と三本木原台地の民俗」

更新日付:2008年7月10日 県民生活文化課

青森県史叢書「小川原湖周辺と三本木原台地の民俗」

本書の概要

小川原・三本木の民俗

 本書は、平成11年度に刊行された県史叢書『馬淵川流域の民俗』に続く二集目の民俗部会による調査報告書です。二冊とも既刊『青森県史 民俗編 資料 南部』の基礎資料となったものです。上北地方の総合的な民俗調査としては、昭和47年の県教育委員会による『むつ小川原地区民俗資料緊急調査報告』(第一~二次)以来の報告書となります。
 全体は、社会構成・生業・衣食住・人生儀礼・年中行事・信仰・民俗芸能・口承文芸の八章と付録資料から構成されています。その中には、実地調査から収集されたヌマ(小川原湖)と台地に展開された、人々の伝統的な暮らしの知恵と技術について、多くの写真を資料を掲載しながら、詳細に記録するように努めました。
 特に付録資料では、シガ曳き漁やシジミ漁などのヌマの特徴的な漁法を、分解写真を用いて報告するとともに、昭和40年代に七戸を拠点に活動した「青森県民俗研究会」による、七戸地方の民俗調査記録を復刻して掲載しました。どうぞ御高覧ください。

この記事についてのお問い合わせ

環境生活部 県民生活文化課 県史編さんグループ
電話:017-734-9238・9239  FAX:017-734-8063

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度