ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 青森県史 > 青森県史叢書「青森県の暮らしと建築の近代化に寄与した人々」

更新日付:2008年7月10日 県民生活文化課

青森県史叢書「青森県の暮らしと建築の近代化に寄与した人々」

本書の概要

近代の建築


 
 本書は『青森県史 文化財編 建築』に収録しきれない“暮らしと建築の近代化”に関する成果をまとめたものです。建物だけではなく、近代化に寄与した人物にも注目してみました。
 第一章では、県出身の棟梁・建築家など、本県ですぐれた近代建築を残した人物を取り上げています。堀江佐吉や櫻庭駒五郎など、全国にわたって活躍した彼らの活動を、図面や写真とともに紹介します。
 第二章では、暮らしの近代化について、特に生活と住宅の改善に焦点をあてて構成しました。資料は主に今和次郎コレクションと竹内芳太郎コレクションです。いずれも工学院大学図書館が所蔵する貴重な資料です。なお、今和次郎は青森県出身で考現学者としても知られています。

この記事についてのお問い合わせ

環境生活部 県民生活文化課 県史編さんグループ
電話:017-734-9238・9239  FAX:017-734-8063

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度