ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 青森県史 > 青森県史叢書「下北の仏像」

更新日付:2008年7月10日 県民生活文化課

青森県史叢書「下北の仏像」

本書の概要

下北の仏像

 
 下北半島の市町村に残る1400点以上の貴重な仏像や絵画について、史上初めての調査報告書です。精細で美しい写真とわかりやすい解説によって、県民をはじめ皆さんにとって、見て読んで楽しい美術書ともなるように鋭意編集しました。紹介されている仏像や絵画は、ほとんどの方がはじめてご覧になるものばかりでしょう。また、下北は青森県下でも仏像の宝庫だったこと、みごとな襖絵や屏風も多数残されていることなど、新発見が一杯です。下北地方の歴史と文化に関する新たなイメージが浮かんでくるでしょう。         
 青森県内の寺院ご所蔵の文化財に関する悉皆調査を事業開始当初より重要な課題の一つとして実施しており、その調査成果を「下北」「南部」「津軽」の三つの地方に分けて叢書として刊行する第一弾です。

この記事についてのお問い合わせ

環境生活部 県民生活文化課 県史編さんグループ
電話:017-734-9238・9239  FAX:017-734-8063

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度