ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 世界文化遺産登録 > 是川石器時代遺跡  -漆工の里-

更新日付:2011年4月1日 世界文化遺産登録推進室

是川石器時代遺跡  -漆工の里-

所在地 八戸市是川字中居ほか
指定区分 国・史跡
時期 縄文時代晩期
概要  八戸市の南東部、新井田川左岸の大地に所在し、縄文時代晩期中心の中居遺跡、前期・中期の一王寺遺跡、中期の堀田遺跡の総称として是川遺跡と呼ばれています。
 中居遺跡からは、縄文時代晩期の弓、櫛、腕輪、藍胎漆器など、赤漆塗りの木製品類が良好な保存状態で出土しております。これらは、工芸的にも優れており木製品類は縄文時代の技術を代表する遺物です。
 一王寺遺跡からは、バケツを縦に長くした縄文時代前期、中期の円筒土器と呼ばれる土器が多数出土しており、円筒土器の名前は一王寺遺跡出土の土器をもって名付けられました。
 堀田遺跡は、昭和11年に雑誌「ミネルヴァ」誌上で、縄文文化の終末年代を巡って大論争が行われた遺跡として知られています。
遺跡に関する問い合わせ先 八戸市埋蔵文化財センター 是川縄文館
〒031-0023 八戸市是川字横山1
TEL.0178(38)9511
地図

この記事についてのお問い合わせ

世界文化遺産登録推進室
電話:017-734-9183  FAX:017-734-8128

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度