ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 世界文化遺産登録 > 小牧野遺跡 -縄文の聖域・環状列石-

更新日付:2016年1月8日 世界文化遺産登録推進室

小牧野遺跡 -縄文の聖域・環状列石-

環状列石
所在地 青森市野沢字小牧野
指定区分 国・史跡
時期 縄文時代後期前半
概要  青森市南部郊外に位置し、八甲田山系から青森平野に向かって延びる、荒川と入内川に挟まれた標高約145mの舌状台地上に所在します。
 大規模な土地造成と特異な配石によって構築された環状列石を中心とする縄文時代後期前半の遺跡です。
 環状列石は、直径55mの四重の環状となるもので、約2,900個、推定30tもの石を用いて造られており、当時の先端的な土木技術を駆使して構築されています。
 その一部には組石も付随しており、祭壇的な役割を持っていたと考えられるものもあり、環状列石は、大地に造形された聖域の結界であるとともに、縄文人の精神世界を表現した創造物であったと考えられます。
遺跡に関する問い合わせ先 青森市小牧野遺跡保護センター 縄文の学び舎・小牧野館
〒030-0152 青森市大字野沢字沢部108番地3
TEL.017(757)8665
小牧野遺跡公式ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

この記事についてのお問い合わせ

世界文化遺産登録推進室
電話:017-734-9183  FAX:017-734-8128

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度