ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 青森県史 > 青森県史資料編近現代2「日清・日露戦争期の青森県」

更新日付:2008年7月1日 県民生活文化課

青森県史資料編近現代2「日清・日露戦争期の青森県」

本書の概要

安方桟橋
 初の対外戦争を二度も経験した近代日本は、列強諸国の仲間入りを果たすことになります。その中で青森県にも様々な変化がありました。
 本資料集では二度の対外戦争を通じ、青森県がどのような影響を受けたのかを、各市町村役場資料を中心に、県内外各地で収集した資料のほか、絵葉書や古写真なども用いて多角的に描きました。



 写真は青森県庁より、県庁通りを北進したところに造られた安方桟橋(新桟橋)。1911(明治44)年に造成された。写真はそのころ撮影されたもの。

本書の構成

目次
   第1章 地域と帝国の開幕
   第2章 対外戦争と北奥社会
   第3章 対外戦争期の県政
   第4章 地域環境の改造
   第5章 陸海資源の獲得と利用
   第6章 地主と豪商の時代
   第7章 生産と市場の相克
   第8章 教育制度の整備と地域社会
   第9章 「大国」化と社会矛盾
  第10章 北奥地域文化の形成

体裁  A4判  約850ページ  平成15年(2003)3月発行

編集  小岩信竹・荒井悦郎・河西英通・北原かな子・佐藤三三・末永洋一
    竹村俊哉・舘田勝弘・玉真之介・中園美穂・宮本利行・脇野博
    中園裕・佐藤良宣・野々宮愛子・森山潤子・田中貴子

この記事についてのお問い合わせ

環境生活部 県民生活文化課 県史編さんグループ
電話:017-734-9238・9239  FAX:017-734-8063

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度