ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 世界文化遺産登録 > 亀ヶ岡石器時代遺跡  -シャコちゃんのふるさと-

更新日付:2011年4月1日 世界文化遺産登録推進室

亀ヶ岡石器時代遺跡  -シャコちゃんのふるさと-

所在地 つがる市木造館岡亀ヶ岡
指定区分 国・史跡
時期 縄文時代晩期
概要  亀ヶ岡遺跡は、津軽平野の北側に位置する屏風山丘陵の先端、標高約4~16mの丘陵上に所在し、西には日本海に面した七里長浜が広がり、はるか南には岩木山を望むことができます。
 江戸時代から知られた遺跡であり、「亀ヶ岡文化」の名称の由来にもなった縄文時代晩期の遺跡です。
 宇宙人を想像させるような大きな眼と美しい文様で飾られた体で、太古の世界のミステリアスさを感じさせる遮光器土偶は、この亀ヶ岡遺跡から出土しました。
 この他にも、緻密な文様が施されたり、漆で彩色された壷や皿など美しい土器がたくさん出土していることでも有名です。
遺跡に関する問い合わせ先 つがる市教育委員会文化課
〒038-3138 つがる市木造若緑52
TEL.0173(49)1194
地図

この記事についてのお問い合わせ

世界文化遺産登録推進室
電話:017-734-9183  FAX:017-734-8128

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度