ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 世界文化遺産登録 > 「北海道・北東北の縄文遺跡群」推薦書原案を提出しました

更新日付:2013年8月1日 世界文化遺産登録推進室

「北海道・北東北の縄文遺跡群」推薦書原案を提出しました

 7月24日(水)、縄文遺跡群世界遺産登録推進本部 本部長 三村 申吾青森県知事は、北海道山谷副知事、岩手県菅野教育長、秋田県米田教育長と共同で、文化庁長官に対し推薦書原案を提出しました。

 
[右から 文化庁 青柳 正規長官、青森県 三村 申吾知事、北海道 山谷 吉宏副知事、秋田県 米田 進教育長、岩手県 菅野 洋樹教育長]
(場所は文化庁長官室)
【文化庁長官との懇談の様子】
懇談では、青柳文化庁長官に推薦書原案の内容や4道県の取組状況の説明を行ったほか、早期のユネスコへの推薦や三内丸山遺跡などの現地視察を要請しました。

この記事についてのお問い合わせ

世界文化遺産登録推進室
電話:017-734-9183  FAX:017-734-8128

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度