ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 世界文化遺産登録 > 長七谷地貝塚  -縄文のタイムカプセル-

更新日付:2011年4月1日 世界文化遺産登録推進室

長七谷地貝塚  -縄文のタイムカプセル-

所在地 八戸市桔梗野工業団地
指定区分 国・史跡
時期 縄文時代早期
概要  青い森鉄道陸奥市川駅の北東約2kmの場所に位置し、五戸川右岸の北側にせり出した台地の南西斜面に所在します。
 東北地方においては数少ない縄文時代早期の貝塚です。
 貝塚を構成する貝類は、ハマグリ、オオノガイなどが多く、内湾砂泥底を中心とした採貝活動の実態が浮かび上がりました。また、スズキ、クロダイなどの内湾性魚類やカツオなどの外湾性魚類も多く見つかっており、活発な漁労の様子がうかがわれます。貝塚からは、魚、鳥、獣を捕獲するための道具も多く出土し、中でも縄文時代早期の漁労具は全国的に例が少なく貴重です。
遺跡に関する問い合わせ先 八戸市埋蔵文化財センター 是川縄文館
〒031-0023 八戸市是川字横山1
TEL.0178(38)9511
地図

この記事についてのお問い合わせ

世界文化遺産登録推進室
電話:017-734-9183  FAX:017-734-8128

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度