ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 青森県史 > 青森県史自然編「地学」

更新日付:2008年7月1日 県民生活文化課

青森県史自然編「地学」

本書の概要

合浦公園
 現在の青森県の空と海と大地を多角的にとらえ、青森県の人々が生活している環境と先人たちが暮らしてきた環境を浮き彫りにすることを方針に内容が構成されています。大人はもちろん子供も楽しめるよう写真・図版を多く盛り込み、ビジュアル的で平易でわかりやすい表現に努めました。
 猛威をふるう自然のきびしさにもスポットをあて、自然災害から生活を守れるよう過去の災害にもページを割きました。さらにトピックスなど息を抜いて読めるコラムも掲載しています。

写真は、合浦公園から見た青森の海
(2006年5月6日・中園 裕撮影)

本書の構成

目次
序章  北緯41度の自然
1章  大地の風貌(地形)
     地形区分と地形の概観 山地 火山 丘陵と台地 低地
2章  大地をつくるもの(地質)
     最古の地層群  山地と丘陵を形づくる地層
      火山と台地と平野を形づくる地層 地下資源 化石
3章  大地の生い立ち(地史)
     列島の土台の形成 陸から海への時代 陸の時代 青森県の活断層
4章  四季の彩り(気象と気候)
     気候  気象  気候の変動
5章  潮騒のしらべ(海)
     海底の地形と地質 海流 潮汐と潮流 海洋環境と水産資源
 
体裁  A4判 オールカラー 約600ページ  
    平成13年(2001)3月31日発行

編集  赤羽光秋・小田桐茂良・小野繁則・鎌田耕太郎・川村正・工藤明
    古川克彦・小菅正裕・佐藤清一・佐々木実・佐藤清一・柴正敏
    島口天・田中和夫・仲村俊毅・根本直樹・平田貞雄・ト藏建治
    堀田報誠・牧田肇・水野裕・皆川秀夫・山本豊・力石國男
    山口義伸・田中克人
    田中克人・三浦純子・尾野友子

この記事についてのお問い合わせ

環境生活部 県民生活文化課 県史編さんグループ
電話:017-734-9238・9239  FAX:017-734-8063

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度