ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 世界文化遺産登録 > 「縄文遺跡群世界遺産登録推進国際シンポジウム」を開催

更新日付:2011年10月7日 世界文化遺産登録推進室

「縄文遺跡群世界遺産登録推進国際シンポジウム」を開催

 去る9月24日(土)、縄文遺跡群世界遺産登録推進本部主催の「縄文遺跡群世界遺産登録推進国際シンポジウム」がホテル青森において開催されました。
 「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」の学術的価値の国内外への浸透を図ることを目的に開催されたシンポジウムには、県内外から約150人が参加しました。
 シンポジウムでは、文化庁記念物課世界文化遺産室の園邊邦輝室長補佐より「世界遺産登録に関する近年の動向」について講演があり、その後、ジョン・ピーターソン グアム大学ミクロネシア地域研究センター長より「海外から見た縄文文化」について、また、ダグラス・コマー イコモス(国際記念物遺跡会議)考古学遺産管理委員会共同委員長から「市民参加による遺跡の保存管理計画」について発表(報告)がありました。
  • 園邊邦輝室長補佐
    園邊邦輝室長補佐
  • ジョン・ピーターソン氏
    ジョン・ピーターソン氏
  • ダグラス・コマー氏
    ダグラス・コマー氏
 その後、国内の専門家から「縄文遺跡群の顕著な普遍的価値」などについて発表があり、さらに岡田康博縄文遺跡群世界遺産登録推進会議座長から4道県が共同で進めている世界遺産登録推進の取組が説明されました。

 最後に、縄文遺跡群世界遺産登録推進専門家委員会の菊池徹夫委員長から国際シンポジウムや非公開で行われた国際会議のまとめとして、「海外の専門家から勇気をもらったが、ハードルはまだ高い。我々専門家は、手伝いはできるが、一番の力の源は地元の皆さん。登録に向け、一緒に頑張りましょう」と参加者に呼びかけていました。
  • 菊池徹夫委員長
    菊池徹夫委員長
  • 会場の様子
    会場の様子

この記事についてのお問い合わせ

世界文化遺産登録推進室
電話:017-734-9183  FAX:017-734-8128

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度