ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化振興 > アートスクール(ファッションデザイン部門) を開催しました

更新日付:2017年2月21日 県民生活文化課

アートスクール(ファッションデザイン部門) を開催しました

 県では、日々芸術活動に取り組んでいる県内の高校生を対象に、首都圏の芸術大学等との連携による「アートスクール」を開催し、先端の芸術表現に触れ、表現技術を伸ばす機会を提供するとともに、本県の芸術分野における人財の育成につなげることを目的として、平成28年度アートスクール(ファッションデザイン部門)を開催しました。

開催概要

 ファッションデザインの基礎やエッセンスを学び、ファッションデザインを通じて表現することの楽しさを体感するとともに、最新モードなどの先端芸術に触れることにより感性と創造性を高める機会として、ファッションデザインに関するアートスクールを開催しました。

実施時期

平成29年2月4日(土)~5日(日)

実施会場

青森県武道館(弘前市大字豊田2丁目3)

講師

文化学園大学(東京都渋谷区代々木3-22-1)
砂長谷 由香(服装造形学研究室 服装学部 教授)
吉野 真由子(服装造形学研究室 服装学部 助教)
對馬 美月(服装学部服装造形学科アドバンストテクニックコース4年)
大川 ひなた(服装学部服装造形学科アドバンストテクニックコース3年)

講座内容

(1)最新モードコレクションとは
(2)制作アイテムの制作方法解説
(3)実習
以下の3アイテムをそれぞれ自由に制作。
A:メッセンジャーバッグ
B:スペアカラーまたはコサージュネックレス
C:コサージュ

実施レポート

 当日は、高校生の他、家庭科の先生方も参加され、知識と技術を楽しく学ばれました。

1日目

 1日目は、まず最新モードコレクションについて、オートクチュールとプレタポルテのブランドとその違い、コレクションで発表されている服に用いられている装飾技法についての解説に始まり、その後実習となりました。

  • 文化学園大学・砂長谷教授から、最新モードについての解説
  • さまざまな装飾のスペアカラーの紹介
ニードルパンチという道具を使用した装飾技法。原毛などを布の上に置き、上からパンチすることにより、繊維を定着させるというものです。洗っても取れないそうですよ!
  • メッセンジャーバッグの制作。現役大学生がサポート!
  • ニードルパンチを利用してカワイイ装飾!
  • マジックシートを利用。縫い付けた後、洗うとシートが溶けます。
  • 作品発表。スペアカラーです。
  • こちらはかわいいメッセンジャーバッグ。
2日目

 2日目は、1日目にできなかった他の作品に挑戦!皆さんさまざまな技法を実践し、2点・3点の作品を制作しました。

  • 大学生の先輩からアドバイス
  • 細かい部分も丁寧に1人ひとり指導!
  • レースをほどこしたスペアカラー
  • 原毛をパンチし女の子の髪型を表現
終了後、参加した高校生の皆さんからは、

・「先輩のお話を聞けてよかった。ショーの話、技法、学校のことなど、いろいろ話せてよかった。」

・「技術的にも精神的にも学ぶことがありました。ここでの合宿を活かせるよう、がんばります!!」

・「物を造ることの楽しさを改めて思えました。」


といった声が聞かれました。

また、今後の指導に活かしていただくため参加いただいた先生たちからは、

・「大学の先生方や生徒の方々のお話を直接聞くことができ、有意義な一日となりました。」

・「新しい装飾技法が学べると思い参加しました。このような講座は、被服を指導する教員にも勉強になるので、本当に参加してよかったです。」

・「もし機会がありましたら、ぜひ学校でもこのような体験を生徒にさせたいと強く思いました。」


といった声が聞かれました。

参加された皆さんにとって、有意義な機会となったようでうれしいです!
ご参加いただきありがとうございました!!

※次回のレポートは、3月4日(土)~5日(日)開催の美術部門です!
おたのしみに!

この記事についてのお問い合わせ

環境生活部 県民生活文化課 文化・NPO活動支援グループ
電話:017-734-9208  FAX:017-734-8046

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度